保育士求人TOP > 保育士就転職ストーリー 〜私が保育士として働くまで〜 vol.5 挑戦編

保育士就転職ストーリー 〜私が保育士として働くまで〜 vol.5 挑戦編

今回お話いただくのは

坪松 萌子さん


短大で保育を学んだ後、地元・群馬県で5年間幼稚園教諭として勤務。その後、中国・上海の幼稚園で2年間にわたり経験を積む。さらにかねてから興味のあったヨーロッパの保育事情を学ぶため、スウェーデンにてベビーシッターや学童補助の仕事に携わる。さまざまな海外経験を経た後、2014年秋に帰国。2015年4月より新規オープンした練馬区の認可保育園『わらべうた練馬高野台保育園』にて2歳児クラスを担任している。

幼稚園教諭から『新園オープン』『2歳児保育』にトライ!
photo1

日本だからこそできる保育を体験したい

幼稚園に5年務めた後、かねてから興味のあった海外の幼稚園、保育園にも触れてみたくて海外で経験を重ねました。
泥んこ遊びもOKなおおらかな中国、家の中にもツリーハウスがあり自然いっぱいのスウェーデン、どこも素晴らしい環境でした。
それらを見ていて「その場所にあった園の作り方が、それぞれあるんだ」ということを改めて実感。そして「日本だからこそできる園を体験したい」と帰国をし、就職活動を始めました。

面談ではいろんな希望を率直に

私の希望は『子どもたちと思いっきり遊べる環境で働くこと』と『少人数制で子どもたちと家族のように関われること』の2つでした。
それを実現できる園を探そうとネットで検索して見つけたのが『保育士.net』。登録するとすぐに電話があり、翌日に担当の方と面談をしました。
面談では「園庭があって遊べる」「できれば食事にもこだわっている」などさらに細かい希望を遠慮なくお伝えしたのですが、どんな話も笑顔で聞いていただきとても安心しました。

矢印
photo1

取締役との面接で働くイメージが膨らんで…

面接では、園を運営している長谷川ナーシングパートナーの取締役とお話をさせていただきました。
条件や待遇などのお話がメインだと思って臨んだのですが「こんな遊びをしたら、子どもたちはこんな反応をしましたよ」など保育に関することを楽しそうにお話してくださって。「1人の保育士として向き合っていただけているな」と感じました。
新園は経験がないので多少不安もありましたが、お話を聞くうちに自分が働くイメージを膨らませることができました。

矢印

地域と一緒に新しい園を作り上げる充実感

新園なので、園全体の運営方法など、何もかもゼロから作り上げる必要があります。
正直、大変さもありますね。けれど、スタッフでアイデアを出し合って作り上げていくのは、とてもやりがいがあります。
また保護者の方が園庭にプールを作ってくださったり、七夕には近所の方が笹を分けてくださったりと、とても協力的なんです。「地域のみなさんと、子どもたちをのびのびと育てられる園を一緒に作り上げている」という過程を味わえていることに、本当に感謝しています。

矢印
坪松さん

お仕事サポートを利用して…

新園のオープニングスタッフ、それまで経験のなかった2歳児クラスを担当と初めてのことで大変さもありましたが、この園で働けて本当によかったと思っています。
これも私の意を汲んで園を探してくださった『保育士.net』のおかげだと感謝しています。
保育士は子育て経験も活かせるので、経験がない主婦の方でも、また復帰して働きたいと考えている元幼稚園教諭の方でも挑戦しやすい仕事。
『保育士.net』を使えば、そうした経験の有無に関わらず自分に合ったところを探してくれるので、本当におすすめです。

坪松さんを担当したカウンセラー

白井 愛美

ご面談を通して、坪松様は好奇心旺盛・勉強熱心で、得意なことやご自身がしたいことをしっかり持っていらっしゃる方だと感じました。
ですので、ご自身の意見を反映しやすい『オープニングスタッフ』『本部との距離が近い』という2点を踏まえて、長谷川ナーシングパートナー様の求人をご案内致しました。
保育士としては新たなスタートでしたので、採用からご入社が円滑に進むように微力ながらサポートをさせていただきました。

お仕事紹介サポートに登録する