保育園の園長のなり方とは? 保育園の園長のなり方とは?

保育士のキャリアアップを目指す方におすすめの園長職。求人情報は非公開として扱われているためあまり知られていないのですが、実は、認可園で保育士経験があれば挑戦できる職種なんです。園長に求められるスキルなどの情報や、園長職として実際に転職した保育士のインタビューなどをご紹介します。

水彩パーツ
背景モチーフ
What

保育士必見!
園長職とは?

どこの保育園にも必ずいる園長先生。園の要となる存在で、保育士スタッフの取りまとめから保護者・自治体への対応などなんだかいつも忙しそうで私には難しそう…と考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは園長に求められるスキルや適性、気になる待遇などをご紹介します。

無料で転職サポート 登録はこちら

園長に求められる
スキル・適性

認可園での保育士経験と
熱意があればチャレンジできます!
認可園出の経験+熱意

保育園の園長職は、一般的に認可園の経験がある保育士の方であればチャレンジすることが可能です。
園長を目指すにあたって一番大切なことは、過去の経歴よりも、園長としてこんな風に園児や保護者の方々と関わっていきたい、という気持ちと熱意です。

+αで
期待すること

園長職は園長会などで地域の他園との交流や、行政機関との関わりも多く、多方面へのコミュニケーションをとりながらも、日々の業務に臨機応変に対応できることが期待されます。

無料で転職サポート 登録はこちら

園長職の
待遇について

経験年数・経歴次第で
待遇が上がることも!
  • 初心者マークのアイコン
    園長経験なし
    月給例30万円〜
    給与は園長経験がない保育士や主任の方がチャレンジする場合は月給30万円〜が基本となる。
  • 王冠のアイコン
    園長経験あり
    月給例35万円〜
    今まで園長として携わった経験のある方は月給35万円〜が基本となる。

勤務時間は9:00〜18:00、行事がなければ土曜日休みが一般的です。 事務作業や外出が多く、残業も少なからずありますが、シフト制ではないため働きやすいことが特徴といえます。

INFORMATION

園長職は「非公開」が多い!
興味のある方は保育士.netコーディネーターまで

一般的に園長職の求人は、表立って募集をすることは珍しく、非公開求人として扱われています。
求人が一番多い時期は4月で、新園開動・退職等の理由によって人が一番動く時期です。
しかしながら昨今、夏や秋にも新園がオープンしており、急募で園長の募集がかかることも少なくありません。
一般的な求人情報としては出てこない事が多いので、園長職に興味があればコーディネーターに問い合わせてみることが一番の近道といえます。

お問い合わせはこちら>>
無料で転職サポート 登録はこちら
最大5万円交通費キャッシュバック
背景モチーフ
story

新米園長にインタビュー!
園長職への
転職ストーリー

キャリアアップを目指し、『保育士.net』を活用して園長として転職をされた有田さんにお話しを伺いました。
子どもや保護者、保育士もみんなが笑顔になれる園へ。自分自身のステップアップのきっかけにと、挑戦した想いとは?

人柄も見たうえで合う園を紹介してくれる手厚いサポートが心強い!
PROFILE 有田幸子さん

小さい子の面倒を見て遊ぶのが好きだった子ども時代。
一緒に遊んでいた幼い子から、「保母さんになれば」と言われたのがきっかけでいつしか本気で保育士を志すように。
高校卒業後、保育士専門学校を経て資格を取得。結婚・子育てで、10年ほどのブランクはあるものの、保育士キャリアは15年。
キャリアアップを目指し『保育士.net』にエントリー。ニチイキッズ美しが丘保育園の園長を務める。

有田幸子さんの
ストーリー

  • 10月中旬保育士.netにてエントリー・面談
    自分の理想とする保育ができる園を求めて
    園児数の多い園では園児と密に関わった保育ができなかったり、逆に少ない園ではその分保育士の数も少なく、年齢相応のきめ細やかな保育ができなかったり。
    また、園長と保育方針が合わない、自分の思いが受け入れられない…。
    転職してもなかなか理想の職場には出会えないものですね。
    なので、『保育士.net』にエントリーして、自分の希望に見合う求人があれば、またいつでも転職したいと思い、チェックしていました。
  • Decide
  • 1月〜2月上旬選考
    主任職へキャリアアップするはずが…
    前職では、キャリアも長く年齢的に上だったこともあり、若いスタッフの指導を任されることも。
    また、保育の悩みなどを相談される機会も増え、少なからず自分に自信がついてきたこともあり、転職するなら次は主任職で、と考えていました。そんな折『保育士.net』から、こちらの保育園の求人を伺い面接を受けることに。
    当初は主任職の求人だったはずが、面接後、「園長として採用したい」という話をいただき、本当に驚きました。
  • Support
  • 2月下旬内定
    人生の転機ととらえチャレンジを決意!
    園長職ということで、山ほど不安はありました。
    でも、実際に見学をして園には好印象を持っていましたし、支店の方々がバックアップしてくださるというお話をいただいて、「ここまで来たら、ステップアップのためにも頑張ってみよう」と思い、お受けすることにしました。
    入社までは、「どうしよう」と放心状態になることもありましたが、コーディネーターさんからまめにフォローもいただきながら、決意を固めていきました。
  • Advice
  • 4月入社~現在
    みんなが笑顔になれる園を目標に!
    この園に来て最初の3ヶ月は、園児・保護者の顔をやっと覚えたというところでした。
    いち保育士だった時のように、保育室でずっと子ども達と関わっているということはできませんが、できる限り顔を出して園児はもちろん保育士の様子にも目を配るようにしています。
    また、地域の園長会などに出席して、得た情報を日々の保育はもちろん、保育士育成や働きやすい環境作りなどにも生かしていきたいと思っています。
無料で転職サポート 登録はこちら
interview

私にとって園長の仕事とは…
”客観的に物事を判断し、冷静に対応!”

有田幸子さんへインタビュー

有田幸子

園長は客観的に物事を判断できる人でなければ務まらないと思うんです。園児に保護者、そして保育士、それぞれに対して、何かある度に感情的になってしまうようでは務まりません。
一番上に立つ身ですから、内心は焦ってしまう時も、冷静に対応できないと頼りにならない園長ということで周りから信頼されなくなってしまいますから。
あくまで私の理想像で、私もまだまだできていないんですけどね(笑)
支店のバックアップを受けながら成長していきたいと思っています。

message

スムーズな転職活動を
サポートします!

有田さんを担当した保育士.netの
コーディネーター白井より

コーディネーター白井

キャリアアップを望まれていた有田様には、本社と支店のサポート体制がしっかりしている株式会社ニチイ学館様をご紹介致しました。
当初は主任候補として選考を受けていましたが、保育に対する真摯な姿勢と「職員一人ひとりとの信頼関係の構築に力を注いでいる」という理由で、園長として迎えられました。
40代で若くして園長に就任されましたが、「若い職員にどんどんチャレンジしていってほしい」という社風もご本人に合っていると思います。
また、研修体制もしっかりしていて、有田様が感じていた不安も徐々に解消されたようです。
保育士.netでは、保育士としてキャリアアップを目指す方へのサポートを行っています。
ご自身では探しにくい園長職の求人もご紹介しておりますので、まずはコーディネーターまでお気軽にご相談ください。

無料で転職サポート 登録はこちら

園長転職について詳しく知るprincipal

あなたへのおすすめ記事recommend