保育業界の最新情報を現場からお届け!

保育士.netコラム

園長職に興味があるなら、秋が転職開始最大のチャンス!その理由とは?

  • 園長職に興味があるなら、秋が転職開始最大のチャンス!その理由とは?をはてなブックマークに追加

2016/10/07 保育士の就職・転職

1園に1人しかいない園長先生は、目指すには狭き門ですよね。しかし、私には無理かも…と諦めてしまうのはちょっと早いかも?!なぜなら、園長先生を目指すなら9~11月くらいの今の時期が、最も適しているからなんです!

メイン画像

オープニング園の開園準備が進む9月~11月が、園長志望者にとって最大のチャンス!

園長ポストは非常に限られているため、一般保育士に比べると圧倒的に求人が少なくなります。そんな園長求人が増えてくるのが9月~11月の時期。これは「オープニング園の開園準備をしている法人が、新規で園長を募集しているから」です。
法人によっては、既存園から主任保育士を引き上げる場合もありますが、一般的には、“新しい風を吹かせたい”“既存園の人員配置で手いっぱいでなり手がいない”等の理由から、新規で園長の募集を行うことが多いようです。園長がいなければ保育園を開園できませんから、どこの法人も獲得に必死。一番売り手市場の時期と言えるでしょう。

最近は待機児童問題解消のため、6月や9月オープンなどの園も増えてきています。そのため以前と比べると「絶対に秋から始めないと!」ということはなくなってきています。しかし、やはり数的に見ると4月オープン園が多いのが現状。園長先生を目指すなら、秋から活動を始めない手はありません。

そうは言っても、求人が見つからない?その理由とは…

しかし、実際にインターネット等で園長求人を探しても、求人はなかなか見つからないかもしれません。基本的に、「園長求人はおおっぴらには公開されない」と思った方が良いでしょう。オープニング園の場合は、時期尚早のため開園すること自体をオープンにできない等の理由から、既存園の場合は、求人を目にした保護者を不安にさせたり、クレームを受けるリスクを避けるためです。

そこで各法人は、園長希望者にだけ情報を公開するよう、紹介会社や求人サイトに仲介を依頼します。ですから、園長求人を探すなら、保育士専門の紹介会社に相談するのが一番確実な方法です。条件にあう求人の紹介はもちろん、「私の経験でも園長になれる?」と不安に思われている方は、経験豊富なコンサルタントからのアドバイスが受けられます。

園長求人が気になる…という方はこちら!相談だけでもお気軽にどうぞ♪
保育士求人専門サイト『保育士.net』



≪園長職関連 おすすめコンテンツ≫
●園長になるまでのストーリー紹介!「保育園の園長のなり方って?」
●園長先生の適性って?何が必要?「園長先生に求められる考え方、行動とは?」
●園長なら、職場環境を改善できる!「残業なし、希望休OK!保育士が働きやすい園をつくるために」
●園長に本当に求められていることは?「保育園が担う重要な役割「保護者支援」」



保育の最新情報をLINEでお届け

各エリアの求人情報や、保育に関する様々な情報をお届けします!
お友だち限定のキャンペーンも実施予定♪
さっそく「お友だち追加ボタン」をタップ!

★関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)


★関西(大阪・京都・兵庫)

  • 園長職に興味があるなら、秋が転職開始最大のチャンス!その理由とは?をはてなブックマークに追加

関連ワード

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

おすすめ特集
住宅支援制度って?

住宅支援制度(社宅制度・住宅手当)の活用法やメリットなどをご紹介します。

保育園の園長のなり方って?

保育士のキャリアアップを目指す方に、園長職についてご紹介いたします。