保育士に向いているのはどんな人?特徴や適性など事例も交えて紹介します

自分が保育士に向いているかどうか、悩んだことはありませんか。保育士に向いているのはどんな人でしょうか。特徴や適性など、紹介していきます。

メイン画像

保育士に向いているのはどんな人?特徴や適性など事例も交えて紹介します

「保育士にはなりたいけど、私は保育士に向いているんだろうか?」なんて、悩んでいませんか?
保育士にはどんな人が向いていて、どんな人は向いていないのでしょうか。
保育士に向いている人の特長や適性を紹介します。



保育士はどんな人が向いている?

子どもと接することが好きな人

保育士にはさまざまな仕事がありますが、基本は子どもと接すること。
なんといっても子どもと接することが好きな人に向いています
保育士をしていればたいへんなこと、悩ましいこと、苦労することがたくさんありますが、子どもと接することに喜びを感じられるのであれば、きっと続けていけるはずです。

とは言え、子どもと接することが苦手でも大丈夫。子どもが「嫌い」ということでなければ、経験を重ねていくうちに、だんだん喜びを感じられるようになるでしょう。

体力に自信がある人

保育士は体力勝負の仕事です。
子どもは手加減なしに全力で大人にぶつかってきます
楽しいと思ったことは何度でもくり返し、限界まで続けます。
保育士は、そんな子どもたちといっしょに走り回り、先回りして安全を確保しなければなりません。
流行の病気が広まりやすい職場だけに、自分自身の健康管理も大事です。
その意味では、体力に自信があるという人は、保育士の仕事に向いているかもしれません。

人とのコミュニケーションを図るのが得意な人

子どもたちは、人とのコミュニケーションの中でたくさんのことを学び、成長します
保育士は、そんな子どもたちと直接コミュニケーションをしたり、あるいは子ども同士のコミュニケーションを間接的に支える仕事です。
また、保護者との良好な関係を培うことも、保育士に求められます。
コミュニケーションを図るのが得意であれば、その能力は保育士の仕事に直結すると言えるでしょう。

ポジティブ思考・忍耐力がある人

保育士はやりがいのある楽しい仕事ですが、一方で見えづらい苦労も多い仕事です。
仕事の中で悩むことがあっても、毎日子どもたちに笑顔で接し、盛り上げることが求められます。
ポジティブ思考で、前向きに、忍耐力のある人は、保育士にも向いているに違いありません。

ただし、誰しも感情の動きはありますし、何事も無理すると続きません。
「今の私は怒りっぽい」「今の私はナイーブになっている」などと自分の感情を自覚して、状況に応じて仕事のやり方を工夫できる人と捉えてもいいでしょう。

責任感が強い人

責任感の強さは、ほかのどんな仕事でも大切なことですが、保育士にももちろん大切なことです。
保護者から子どもを預かるということは、それだけでもとても責任の重い仕事です。
さらに、上の立場になればなるほど、その責任は重くなります。
それをプレッシャーとしてネガティブに捉えるのではなく、責任ある仕事として誇りを持って取り組むことができれば、立派な保育士になれること間違いなしです

保育士に向かない人の特徴は?

人前に出るのが苦手な人

保育士は人と接するのが仕事です。子どもはもちろん、保護者とも接することが求められます。
人前で、物事をわかりやすく説明することが必要です。
人前に出るのが苦手だと、保育士としては苦労が多くなることを覚悟しなければなりません。
ただし、うまく苦手を乗り越えられれば、その経験を生かして、人見知りがちな子どもに寄り添う保育ができるかもしれません。

行動する際の柔軟性に欠ける人

行動の柔軟性は、保育士にとってとても大切です。
個性豊かな子どもの行動は、基本的に自由気ままです。
どんなに統率力のある保育士であったとしても、決して子どもの行動は予測できません。
そのうえ、子どもをコントロールすることよりも、むしろ予測できない行動の背景にある、子どもの心の動きを理解することが求められます。
決めた通り、決められた通りにこなさないと気が済まないという人は、あまり保育士に向かないでしょう。
臨機応変に、柔軟に物事を捉えることができるといいでしょう。

保育士に不向きなタイプでも保育士にはなれる!?

向き・不向きや適性は、傾向として気軽に捉えましょう

一見不向きに見えることも、裏返せば長所にもなります
上にも書いたように、人前に出るのが苦手という人は、子どもの繊細な気持ちに敏感な保育士になれるかもしれません。
保育園に来る子どもは十人十色です。もちろん最低限の適性は必要ですが、多様な子どもたちの気持ちに寄り添うには、多様な保育士がいるに越したことはありません
適性はあくまで傾向です。自分の短所を長所に変えれば、唯一無二の素敵な保育士になれるかもしれません

保育士に必要なことは?

子どもが好き!という気持ちが何より大切。

保育士に必要なことは、何よりも、子どもが好き!という気持ちです。
もっとも、ひとことで「子どもが好き」と言っても、中身はさまざまです。
子どもの何気ない言葉に魅力を感じる人、意味のわからない行動が好きという人、いっしょにいる時間が好きという人、子どもらしい可愛さが好きという人、自分なりの色々な「好き」があっていいのです。

保育士は、子どもと接しながら、自身も子どもとともに成長できる仕事です
「子どもが好き」という気持ちを大切にしていれば、苦手なことがあっても、やがて保育士として大きく成長することができるでしょう。

人間関係を上手く構築できるかどうか

保育士は大人と関わる仕事でもあります。
保護者や職場の仲間との良い関係を保てることも、保育士として大事な要素です
実際、子どもとの関係以上に、大人同士の人間関係に悩む保育士は少なくありません。多かれ少なかれ、誰もが悩みを抱えていると言っても良いでしょう。
相手の気持ちを尊重しつつ、自分なりに消化して、人間的な成長に変えていきましょう。

もっとも、人間関係がうまくいかないときは、必ずしも自分だけで解決できるとは限りません。
自分の努力ではどうしようもないときは、環境を変えることで改善する場合もあります。

保育士に向いているかどうか悩んだときは、保育士さんの現場にも詳しいコーディネーターに相談してみましょう♪
【あなたの理想の職場をご紹介!転職サポート】
https://www.e-hoikushi.net/article/support

保育士.net SNS

おすすめの保育士求人情報・保育に関する最新情報をお届けします!チェックしてね♪

\このページをシェアする/

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポートします!

すぐに選考に進むわけではありません。
お気軽にお問い合わせください。

通勤便利/ 駅近 残業少なめ 復帰率高 社宅・住宅手当 園長/主任 オープニング 非公開求人 厳選求人 好条件 ブランク有

お祝い金 最大1万円

保育のお仕事探しをサポートします!

通勤便利/ 駅近 残業少なめ 復帰率高 社宅・住宅手当 園長/主任 オープニング 非公開求人 厳選求人 好条件 ブランク有

すぐに選考に進むわけではありません。
お気軽にお問い合わせください。

お祝い金 最大1万円

保育士コラム注目ワード