保育業界の最新情報を現場からお届け!

保育士.netコラム

保育士試験の実技がなくなる!?厚労省が検討

  • 保育士試験の実技がなくなる!?厚労省が検討をはてなブックマークに追加

2015/06/15 保育ニュース

今月5日に開かれた「保育士養成課程等検討会」で、厚生労働省は「実技試験を実習や講習におきかえる」ことを提案しました。
(※2015/9/10  2016年度の地域限定保育士試験から、実技試験免除が導入されることになりました。実技試験のかわりに4〜5日間(計27時間)実習を受講することで、実技試験が免除されます。)

メイン画像

保育士の実技試験が、実習や講習に変わる?

厚生労働省は、5日の検討会で「実技試験を実習や講習におきかえる」ことを提案しました。
会合で厚労省は、受験者に多様な選択肢を与えることを理由に、実技試験を講習または実習に代えることを提案。参考として挙げたのが介護福祉士の国家試験。筆記試験の合格者には実技試験があるものの、講習や研修を受講すれば免除される仕組みだ。
ー福祉新聞WEBよりー

実技試験を実習や講習におきかえるとどんなメリットが?

多くの国家試験合格者は、「現場経験の無さ(少なさ)」を不安に感じています。試験対策でピアノや読み聞かせなどを身に付けたとはいえ、保育士養成校卒業者のように子どもと触れ合う機会は設けられていません。
そのため、現場で役立つスキルを習得するための研修を希望する声が多く聞かれます。

現状では、筆記試験の合格者は実技試験を受ける流れになっていますが、これが実習や講習におきかわれば、現場経験に対する不安を緩和し、就職後スムーズに子どもと関われるようになる、という効果が期待できます。


反対に、どんな問題点が存在する?

保育園で実習や講習を行う場合、現場の負担が大きくなることが懸念されます。
ただでさえ人手が足りないため、実習生を受け入れることは簡単ではありません。

村松幹子・全国保育士会副会長は、「保育所への実習や講習の委託は、現実を考えれば余裕はない」と主張。将来的には現場にも恩恵があるとしながらも、「現場の疲弊感も頭に入れてほしい」と訴えた。
ー福祉新聞WEBよりー

また、実技試験を免除しても合格者が増えることは考えにくい、というデータもあります。2014年の保育士試験の合格率は19.3%と低い数値ですが、実技試験単体の合格率は89%。
筆記試験に合格したほとんどの方が、実技試験をクリアしているのです。

実技試験を実習等におきかえるより、実践ではいかしにくい些末な数値等を問うような筆記問題を無くし、今現場で求められる知識を問う問題(障がいや保護者支援など)を出題することの方が、
保育士確保、それも質の良い保育士確保という面で有効ではないでしょうか。

今後の予定は?

厚生労働省は、地域限定保育士試験からの導入を提案しており、今後は実技試験にかわる講習や実習の科目や内容などについて検討するとしています。
今後の動きに注目し、適宜ご紹介したいと思います。


≪参考URL≫
保育士国家試験 実技を実習や講習に代替へ(福祉新聞WEB)



保育の最新情報をLINEでお届け

各エリアの求人情報や、保育に関する様々な情報をお届けします!
お友だち限定のキャンペーンも実施予定♪
さっそく「お友だち追加ボタン」をタップ!

★関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)


★関西(大阪・京都・兵庫)

  • 保育士試験の実技がなくなる!?厚労省が検討をはてなブックマークに追加

関連ワード

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

おすすめ特集
住宅支援制度って?

住宅支援制度(社宅制度・住宅手当)の活用法やメリットなどをご紹介します。

保育園の園長のなり方って?

保育士のキャリアアップを目指す方に、園長職についてご紹介いたします。