保育士のお休みって実際どうなの?制度などもあわせて解説!

多忙なイメージのある保育士さんですが、実際にお休みを取れる環境はどうなのでしょうか。気になる残業や有給休暇、福利厚生などについて触れながら紹介していきます。

メイン画像

保育士のお休みって実際どうなの?制度などもあわせて解説!

子どもを取り巻く社会問題の1つとして、マスコミなどでよく取り上げられる保育士の労働環境。
とても忙しそうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。
この記事では、保育士のお休みについて紹介します。


保育士の勤務時間について

保育園で子どもを預かる時間は、基本は朝7時から19時までの12時間ほどですが、最近は延長保育や早朝保育を行う保育園が増え、子どもを預かっている時間がさらに長くなっています。
そのような長時間の保育に対応するため、多くの保育現場ではシフト制の勤務を採用するようになっています

シフト勤務

シフトの組み方は園によってさまざまですが、一般的なのは、早番・中番・遅番の3交代シフトです。
「早番」は7時から16時頃までの勤務を指します。
「中番」は8時半から17時半ごろまで、または9時から18時頃までの勤務を指します。
「遅番」は10時から子どもが帰るまで、あるいは10時半ごろから閉園時間までの勤務を指すことが多いです。
公立保育園など早朝保育や延長保育を実施していない園では、2交代制(早番と遅番)を採用していることが多いです。

時間外保育

延長保育、早朝保育はもちろん、夜間保育などの時間外保育を受け付けている施設や、24時間対応の園も増えてきています。
その場合、一般的な保育園とは異なるシフト制を採用しています。
人手の少ない早朝や夜間の勤務は、日中より時給が高くなります

休日

保育士は基本的に週休2日制で、きちんと休みはあります
とはいえ、土日が休みとは限りません。むしろ土日が忙しいということもあります
例えば、預かり保育という一時的に子どもを預けることのできるシステムを用意している保育園だと、預かり保育がある場合、保育士も土日に出勤しなければなりません。
また、運動会など保育園行事がある場合にも、休日出勤が発生します。そうした行事は日曜日に設定されることが多いからです。

保育士の福利厚生について

次に、保育士の福利厚生、特に有給休暇などの休日事情について紹介します。

有給休暇

正式には「年次有給休暇」と言いますが、「有休」と呼ぶのが一般的ですね。
基本的には勤務6ヶ月後から付与され、1年に10日以上付与されることになっています。使わない分は、翌年に繰り越すことができます。
とはいえ、実際には人手が足りずに、有給休暇が取りづらい雰囲気の保育園が多いのが現状です
特に、運動会などのイベントがあると、その時期に有給休暇を取ることが認められない場合も多くあります。
ただし、そんな有休事情を改善しようと、取り組みを行っている施設が増えていることも見逃せません。

産休や育休

産前産後休業(産休)は、出産前の6週間と、出産後の8週間の休暇です。
育児休暇は、子どもが満1歳の誕生日を迎える前日までの休暇です。
保育士であっても利用できますし、出産や育児などを理由として解雇するような不当な取扱いは、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法で禁止されています

そのほか

夏休みの期間は園によってまちまちで、夏季保育がある園では短い一方、長期の休みになる園もあります。
正月休みは1週間前後あることが多いです。

保育士の残業時間について

保育士は残業が当たり前のようなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

残業事情

保育士の残業時間は、厚生労働省の調査では全国平均で月に4時間程度とされています。
そうなると、平均すると1日に15分程度の残業ということになりますが、この数字に含まれていないのが、いわゆる「サービス残業」です
給料に反映されていない残業や、持ち帰りの仕事が、実際にはその何倍も存在すると考えられます
特に、事務作業の多い3〜4月や、行事の前後などに残業が増えやすい傾向があります。

早朝勤務と夜勤勤務

残業ではなく、あえて早朝勤務夜勤勤務を選択することもできます。
夜勤勤務は22時から5時までの勤務で、25%以上の割増率で夜勤手当が定められています
早朝勤務にも割増賃金があります。たとえば通常10時〜18時までの勤務時間のところ、7時から12時のシフトで入った場合は、7時から10時までの3時間分が割増賃金となります。

まとめ

改善の余地があるのは事実ですが、保育士も基本的には、ほかの職業と同じように法的に守られています。なので、過度に心配する必要はありません。
とは言え、園によっては有給休暇を取りづらかったり、サービス残業を改善しづらいのが現実です。
最近は保育士の労働環境が注目され、多くの園で労働環境の改善の取り組みが行われています。
転職などで環境を変えると、お休み事情もがらっと変わるかもしれません。

環境を変えたい場合は、保育士さんの現場にも詳しいコーディネーターに相談してみましょう♪
【あなたの理想の職場をご紹介!転職サポート】
https://www.e-hoikushi.net/article/support/

保育士.net SNS

おすすめの保育士求人情報・保育に関する最新情報をお届けします!チェックしてね♪

\このページをシェアする/

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポートします!

すぐに選考に進むわけではありません。
お気軽にお問い合わせください。

通勤便利/ 駅近 残業少なめ 復帰率高 社宅・住宅手当 園長/主任 オープニング 非公開求人 厳選求人 好条件 ブランク有

お祝い金 最大1万円

保育のお仕事探しをサポートします!

通勤便利/ 駅近 残業少なめ 復帰率高 社宅・住宅手当 園長/主任 オープニング 非公開求人 厳選求人 好条件 ブランク有

すぐに選考に進むわけではありません。
お気軽にお問い合わせください。

お祝い金 最大1万円

保育士コラム注目ワード