保育業界の最新情報を現場からお届け!

保育士.netコラム

意識調査!保育士の転職活動で後悔したこととは?

  • 意識調査!保育士の転職活動で後悔したこととは?をはてなブックマークに追加

2015/10/29 保育士のホンネ

保育士としての転職経験がある保育士さん100名にアンケート調査した結果から、転職を決意した理由転職の満足度、そして転職活動を経験したからこそわかる「保育士の転職活動で注意したいこと」の本音をまとめました。

※調査対象:保育士としての転職経験者100名(うち26名は他職種からの転職)

メイン画像

保育士が転職を決意する理由

Q.転職を決意した理由は何ですか?
1位:勤務時間・残業の改善
2位:給与・福利厚生の改善
3位:通勤時間の改善
4位:仕事のやりがい・好きな仕事をしたい
5位:引越しのため
6位:資格を活かして社会貢献したい
7位:人間関係の良い園に転職したい
8位:成長したい
9位:結婚・出産のため
10位:保育方針の合う園に転職したい

三大理由は「勤務(残業)時間」「給与」「通いやすさ」

上位1〜3位が回答の過半数を占める結果となりました。近年は保育園が各地に増設され、保育士待遇改善も徐々に進んでいるなどの背景から、より好条件で働くための転職が増加傾向にあります。

通勤に1時間かかっていて、残業も多く、持ち帰りの仕事も多く、寝る暇がなかったので転職を決意しました。
転職により、圧倒的に好条件が望めたから。年齢や通勤距離の面でチャレンジだったが、将来を考えると、その時がベストタイミングだと感じたから。

「人間関係」は深刻度が高い

7位に登場した「人間関係」。コメントからは、上位3つに迫る深刻度が感じられます。

人間関係が一番の理由でした。かなりギスギスしていたので、疲れてしまって保育することが難しくなった。
上司との保育観の違い。園児に対しての言動、同僚に対するイジメ(あからさまな悪口)など。

「保育方針」の合う園を求めた転職も

長年勤めてきた園の規模が大きくなり、行事が減ったり、日常の保育にも違和感が出てきた。一人ひとりとゆったりと関わりながらきちんと丁寧に向き合える小規模保育園に転職しました。

他職種からの転職者は、やりがいや社会貢献性を求めて

アンケート回答者のうち26%を占める他職種から保育への転職者に限定すると、転職理由は「資格を活かして社会貢献したい」が最多。 雇用条件よりも、やりがいや社会貢献性、好きな仕事を求めて保育士にチャレンジした人や、潜在保育士の再就業が多いようです。

保育士を求めている園がたくさんあることを知ったので、資格持っているしやろうかなと思った。
子供のころからの夢を諦めきれなくて当時全くできなかったピアノを猛練習し、ねる間も惜しんで勉強してあこがれだった保育士の夢を叶えました

希望通りの転職ができた保育士は52%、残り半数の敗因は?

転職活動の満足度について、52%は「希望通りの転職ができた」と回答しました。給料&ボーナスUPの他、「尊敬できる上司や同僚に出会えた」「自分の未熟さを知り成長できた」といった喜びの声が多数。
一方で、残り半数の48%は「希望通りの転職ができなかった」と回答しました。転職活動の反省点は何でしょうか?

Q.転職活動の反省点・改善点は何ですか?
1位:転職した職場が希望条件とは違っていた
2位:転職したい時期に対して活動を始めるのが遅かった
3位:情報が不足した(求人情報や希望に合う園の情報)
4位:どのような園が良いのかわからなかった
5位:前の職場の引継ぎを十分にできなかった

情報不足&時間不足で希望通りの職場が見つけられなかった人が多数!

▼しっかり情報を集めて選びたかった

当時の職場から1日でも早く離れたくてよく調べなかった
1つの大手転職サイトだけを頼ったから情報が限られた。幅広く動けばよかった。

▼転職活動のスタートが遅かった!

準備不足な部分もあって始動が遅れました。時間がなく焦ってしまった。
もう少し早く転職していればよかった。しがらみもあったし、お世話になった方々との人間関係を壊すのではと杞憂して、ズルズルといてしまった。自分の人生なのだから、決断すべき時は色々割り切らないと前に進めない。

活動スタートが遅れた結果、前の職場に迷惑をかけてしまったという人も

転職が決まるのがギリギリになってしまって、引継ぎや書類などバタバタになり心残りが。

保育の転職はここに注意!経験者アドバイス

最後に、経験者だからこそわかる、保育士が転職する時の注意点をアドバイスしていただきました。

慎重に見極めて!

保育士は首都圏ではまだまだ需要があるので、慎重に選んだ方がいいです。園見学は午前中の活動時間に必ず行きましょう
自分に合った園じっくり見極められるように、早めに行動しましょう。

職場選びはここに注意!

福利厚生などキチンと調べて下さい。保育園でも産休が取れない場所もあるから気をつけて
保育所の内情についてはわからないことが多いので、特に上司の人間性には信頼感が持てるかを考えた方が良いと思います。

行動は勇気を持って迅速に!

勇気を持って早めに行動してみて。情報収集今の職場への根回しはしっかりと。
私の場合、退職日を早めに決めたので、ゆっくりと転職先を選ぶことができました。

保育士の転職成功のカギは、自分に合う園をしっかり見極めるために、できるだけ早めに活動開始することがポイントのようですね。これから転職を考える人はぜひ参考にしてください。



保育の最新情報をLINEでお届け

各エリアの求人情報や、保育に関する様々な情報をお届けします!
お友だち限定のキャンペーンも実施予定♪
さっそく「お友だち追加ボタン」をタップ!

★関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)


★関西(大阪・京都・兵庫)

  • 意識調査!保育士の転職活動で後悔したこととは?をはてなブックマークに追加

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

おすすめ特集
住宅支援制度って?

住宅支援制度(社宅制度・住宅手当)の活用法やメリットなどをご紹介します。

保育園の園長のなり方って?

保育士のキャリアアップを目指す方に、園長職についてご紹介いたします。