保育業界の最新情報を現場からお届け!

保育士.netコラム

2016年から保育士試験が年2回に。後期保育士試験がはじまります!

  • 2016年から保育士試験が年2回に。後期保育士試験がはじまります!をはてなブックマークに追加

2016/05/02 保育士お役立ち情報

年1回のみの実施だった保育士試験ですが、2016年から全国的に年2回行われることとなりました。
※神奈川、大阪、沖縄、千葉(成田市)は、地域限定保育士として2015年から年2回実施。

メイン画像

後期の筆記試験は10/22(土)・10/23(日)に開催

筆記試験:2016年10月22日(土)・10月23日(日)
実技試験:2016年12月11日(日)

地域限定保育士はどうなる?

合格後3年間は受験した自治体で、3年経過後は全国で働くことができる地域限定保育士。2015年から始まった新制度でしたが、全国的な試験2回化にともない本年度実施する自治体は減少。大阪府及び仙台市のみとなりました。(試験の実施日程、試験内容は後期試験と同様となります)

●地域限定保育士試験を行う自治体

仙台市、大阪府

●通常の保育士試験を行う自治体

北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、 岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

出願方法は受験状況によって異なるので注意!

@4月に実施される筆記試験(前期実施分)の結果において、不合格科目がある(実技試験に進めない)場合

6月4日(土)〜6月12日(日)に「筆記試験結果通知書」とあわせて「受験申請書(後期用)」、「払込取扱票(後期用)」が送付されます。受験手数料を払い込み、7月27日(水)当日消印有効までに、申請書を郵送してください。(申請書・払込票ともに前期用のものは使用できません)



A7月に実施される実技試験(前期実施分)が不合格だった場合

8月6日(土)〜8月14日(日)に「実技試験結果通知書」とあわせて「受験申請書(後期用)」、「払込取扱票(後期用)」が送付されます。受験手数料を払い込み、9月8日(木)当日消印有効までに、「受験申請書(後期用)」を簡易書留にて郵送してください。(申請書・払込票ともに前期用のものは使用できません)



B前期実施分の試験の受験申請をしていない場合

7月1日(金)より配布する「受験の手引き(後期申請用)」を請求してください。 受験手数料を払い込み、書類一式を7月27日(水)当日消印有効までに郵送してください。(前期分の書類は使用できません。必ず後期申請用の手引きを請求してください)


≪参考URL≫
・平成28年保育士試験(2回目)の実施について( 一般社団法人 全国保育士養成協議会 保育士試験事務センター)



保育の最新情報をLINEでお届け

各エリアの求人情報や、保育に関する様々な情報をお届けします!
お友だち限定のキャンペーンも実施予定♪
さっそく「お友だち追加ボタン」をタップ!

★関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)


★関西(大阪・京都・兵庫)

  • 2016年から保育士試験が年2回に。後期保育士試験がはじまります!をはてなブックマークに追加

関連ワード

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

おすすめ特集
住宅支援制度って?

住宅支援制度(社宅制度・住宅手当)の活用法やメリットなどをご紹介します。

保育園の園長のなり方って?

保育士のキャリアアップを目指す方に、園長職についてご紹介いたします。