保育業界の最新情報を現場からお届け!

保育士.netコラム

30〜40代未経験・主婦が正社員を狙える資格【保育士】

  • 30〜40代未経験・主婦が正社員を狙える資格【保育士】をはてなブックマークに追加

2015/03/13 保育士の就職・転職

今、保育士は30代後半、40代の方が未経験から正社員を目指す上で有効な資格です。
4〜5年前までは、資格を持っていても30〜40代・未経験で応募できる求人は「朝晩、遅番のパートタイム勤務」といったものが目立ちました。しかし2年後に待機児童問題がピークを迎える現在、保育士は未経験・主婦の方が資格を取得して正社員を目指す上で最大のチャンスと言えるタイミングなのです。

メイン画像

増える正社員求人。保育士が保育園を選べる時代

求人数は右肩上がり 東京は有効求人倍率5倍

保育士の有効求人倍率の全国平均は2.06倍(2014年12月現在)。全職種平均1.14倍と比較すると倍近く、更に東京都の保育士の有効求人倍率は5倍にまで上昇しています。

有効求人倍率とは
求職者(仕事を探している人)1人あたり何件の求人があるかを示すもの

つまり、複数の求人の中から自分のこだわり(給与や保育理念、職場環境など)で比較検討し、選ぶことができる状況にあります。
待機児童問題がピークを迎える2017年までに6.9万人の保育士人材を確保するとの目標値が国から発表されており、保育士求人は今後も増え続ける見込みです。

保育士は正社員求人が増えている

景気が回復していきたとはいえ、一般的に正社員の求人数の増加率はほぼ横ばい、または伸び悩み傾向です。しかし、保育士を含む社会福祉の分野では、正社員の求人数が対前年同期比で13%増加しています。 資格を持っていれば未経験、ブランクのある方にもチャンスは広がっています。

最初は保育補助からパートでスタート、3年目からクラス担任
「未経験で、フルタイムで働くのもブランクがあるので不安でした。最初は保育補助としてパートでスタートさせてもらって、経験と自信がついた頃、3年目から『正社員にならないか』と園の方から声をかけてもらいました」(37歳・女性)
転職を機にパートから正社員に
「長年パートで働いてきた。資格があるので幼稚園や保育所の経験も数年間。家庭が落ち着いてフルタイム勤務が可能になり、正社員になりたいと思った。40代では難しいかと思ったが、希望の保育園で正社員採用してもらえた。保育士不足の今だから出来たことかもしれない」(46歳・女性)
養成施設で働きながら保育実務経験。資格取得後に正社員採用
試験合格は自信がなかったので、卒業と同時に資格取得できる3年制の保育士養成専門学校に通いました。その間、保育補助のパートで働いたので履歴書にも書けました。卒業後に正社員として就職しました。(34歳・女性)

時短勤務でも正社員雇用が可能な保育所が増え始めている

30〜40代は自らも子供を持つ世代。子どもの送迎などで勤務可能な時間が限られており、希望条件に合う求人がないというジレンマがありました。

そこで保育所サイドは、働きたくても家庭の両立が問題で働けない潜在保育士の方にも勤務してもらえるよう、「正社員時短制度」などを導入。時短勤務の正社員保育士を募集する求人が増え始めています。

短時間正社員OKな求人の一例

短時間正社員 7:00〜20:15のうち実働6〜8時間
正社員の時短制度も取り入れている安定した働き方ができる保育園

ネックだった「保育士=給与が安い」問題が、急ピッチで改善中!

保育士の確保のため、国による保育士処遇改善対策が急ピッチで進んでいます。 2015年4月から始まる「子ども・子育て支援新制度」において民間の保育士の給与を改善するほか、東京都は平均月額給与を3万円引き上げる補助金制度を発表しています。

今なら資格が取得しやすい(期間限定の国の特例制度)

保育士の資格取得を目指す人を支援する、国の補助制度が期間限定の特例として施行されています。

資格取得費用の補助金がもらえる

現在、保育士の資格取得にかかった費用に関する支援事業が各自治体で実施されています。

保育士試験を合格して資格を取得した人には経費の1/2を補助、保育士養成施設を修了して資格を取得した人には最大2年間で計160万円を貸付けなど、それぞれに支援策があるほか、幼稚園教諭免許は持っているが保育士資格は持っていない人や、無資格の保育従事者向けの特例制度で受講費用を支援するものなどがあります。

科目免除がある

幼稚園教諭の免許持っている人で、実務経験が3年以上ある場合、保育士試験の受験科目免除の特例制度があります。

就職の武器になる資格の中で、今もっとも取りやすい資格

資格を武器に、全国どこでもすぐに仕事が見つかる職業としては、看護師や薬剤師などが人気ですが、資格取得は難関で、時間も費用もかかります。 保育士は働きながら学べる対策講座も充実しており、今なら国の政策で補助金が受けられるというメリットがあります。
最大の課題だった雇用形態と給与の問題が意外にも早期に改善されつつあり、待機児童問題のピークを迎える2017年を目前にした今、保育士は年齢に関係なく正社員就職を狙うことのできる、最も旬な資格だと言えるでしょう。



これから保育士を目指す方へおすすめスクール

●保育士資格を受験してめざすなら●
平均合格率3.1倍!理由は「55段階学習システム」
四谷学院 通信講座

●卒業と同時に取得をめざすなら●
[関東/関西/中国/九州]週3通学で卒業と同時に資格取得できる!
総合学園ヒューマンアカデミー



保育の最新情報をLINEでお届け

各エリアの求人情報や、保育に関する様々な情報をお届けします!
お友だち限定のキャンペーンも実施予定♪
さっそく「お友だち追加ボタン」をタップ!

★関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)


★関西(大阪・京都・兵庫)

  • 30〜40代未経験・主婦が正社員を狙える資格【保育士】をはてなブックマークに追加

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

おすすめ特集
住宅支援制度って?

住宅支援制度(社宅制度・住宅手当)の活用法やメリットなどをご紹介します。

保育園の園長のなり方って?

保育士のキャリアアップを目指す方に、園長職についてご紹介いたします。