保育業界の最新情報を現場からお届け!

保育士.netコラム

うつ病の同僚保育士、どう接する?〜実経験をふまえて〜

  • うつ病の同僚保育士、どう接する?〜実経験をふまえて〜をはてなブックマークに追加

2019/03/22 保育士のホンネ

保育という仕事は本当にストレスがたまります。普段どんなにかわいいと思っている園児たちでも言うことを聞かないことが続くと誰だってイライラしますし、保護者から理不尽なクレームがあると気持ちが落ち込みます。

人間関係だけでも同僚保育士同士、保育感の違いから衝突することもありますし、世代差により考え方の違い、園長主任担任やリーダーという組織内の立場によるストレスもあります。日常的に保育行事の用意や日々の早番遅番のローテーションによる生活リズムの崩れ、長時間労働などストレス要因を挙げたらきりがありません。

これだけの労働環境の中でいると、メンタルダメージを受けない保育士の方が少ないかもしれませんね。以前、私の友人の保育士がメンタルダメージを受けて長期休暇を取得したことがありました。その時、友人として、また同じ保育士としてどう接したら良いのか迷ったことがありました。うつ病などのメンタルの病気は取り囲む周りの人達の声かけや接し方で相手を傷つけてしまう恐れがあったからです。私がその友人とどう接していたか、私の経験をお伝えさせて頂きます。

メイン画像

うつ病を発症した同僚保育士のAさん

私の友人の保育士、Aさんがうつ病になったきっかけは担任をするクラスの保護者から理不尽なクレームを受けたからでした。もともとAさんは真面目で几帳面な性格で、保育書類の提出期限は必ず守るしその記入内容も完璧。壁画や制作物などは季節ごとに子どもたちの興味を引いて喜びそうなものを丁寧に作り上げ、保育においては他の保育士たちからも尊敬される存在でした。

私もAさんには保育スキルを教えてもらうことが多くあり、保育士としても人としてもとても尊敬できる方でした。Aさんは何事も一生懸命で妥協しないタイプでもあり、仕事内容を適当に仕上げるということは絶対にない方でした。

そんな完璧主義な性格もあり、保護者から度重なる理不尽なクレームは相当ショックだったのでしょう。理不尽なクレームの対応を行う度に顔色が悪くなり、言葉に元気が感じられなくなっていきました。保護者対応についても担任保育士であるAさんでなく、園長主任が関わるようにし、Aさんの負担が少しでも軽くなるようにしていたのですが、責任を持って自分の担任クラスの問題を解決したいというAさんの真面目な性格が、どんどんAさん自身を追い込んでいってしまいました。

元々理不尽なクレームを言った保護者はやや問題があると職員の間でも知られており、園長主任も気をつけて接しつつ、何かあれば専門機関へ相談する方向で話をしていた保護者でした。

「うちの子だけ毎朝登園後に乾布摩擦をしてほしい」「お迎えに行けないから家まで送ってきてほしい」「担任保育士が嫌いだから変えてほしい」「園長を変えてほしい」「良い保育をしてないから保育料は払わない」など何かにつけ保育園に文句を言ってくる保護者でした。クレームの内容だけを考えてみても、やはり保護者側に問題があったように思います。

Aさんも最初は「この保護者はとても困るけど、子どものためだから」「保護者を支援することも保育士の仕事だから」と誠心誠意を込めて対応をしていました。しかし、とうとう疲弊してしまい、突然朝起きられなくなったそうです。それ以来、大好きだった保育をすることも、外出することもできなくなり、うつ病と診断を受け、保育園をそのまま退職してしまいました。

同僚保育士だった私は、その話を聞いてとても驚きました。彼女に何とか声をかけたかったのですが、どう声をかけたら良いのかわからず、そのまま関係が終わったかのように思えました。

どう接していけばよい?

私がプライベートで駅前を歩いていた時の出来事です。うつ病で退職をしたAさんとばったり再会しました。私もAさんは外出できないほど病んでいると聞いていたので、そのAさんが駅前を歩けるまでに回復したのだと安心したのが本音でした。

思わず私も「元気?」とか「保育園でAさんが担任していた○ちゃん、大きくなったよ」とか「△くん引っ越したのよ」と、私とAさんの共通の話題である勤務先の保育園の話をし、そのまま別れてしまいました。Aさんとの再会を何気なく園長に話した時、「うつ病の人にとって、発症のきっかけである保育園の話をすることはとてもつらいこと、絶対にしてはいけないこと」と言われてしまいました。

他にも園長から、うつ病の方に対して励ますような言葉がけをしないほうがいい等の接し方を細かく教えてもらい、何気ない言葉で相手を傷つけてしまうことや態度によってはうつ病を悪化させてしまうかもしれないことも知り、改めて自分の知識のなさと配慮のなさを猛省しました。

園長からうつ病の方への接し方を学んだものの、Aさんに私から連絡することもできず、どうすればよいかわからず、そんな気持ちでいた時でした。また駅前でAさんと再会したのです。Aさんと再会した時、最初Aさんも驚いた表情ではありましたが、以前よりもっと元気そうに見えました。そんな時、私から「元気そうだし、肌の調子が良さそうね、食べ物とか気をつけているの?」と保育園とは関係ない話をしました。

食事のこと、ダイエットのこと、コスメのことなど、とても嬉しそうにAさんの方からたくさん話してくれました。私は傾聴に徹し、楽しそうに自分のことを話すAさんの顔を見ていました。今回は保育園の話をしなかったので、最後まで表情も明るいままでした。さらに、帰り際にはAさんから「またおしゃべりしたいね」と次に会う約束の話にまで進みました。

それ以来私とAさんが会う時は保育園の話は一切せず、励ます言葉も言わず、話を聞く姿勢で接するようにしました。Aさんは会うたびに元気な姿を見せてくれました。

まとめ

保育園で働く同僚が急にうつ病と診断されてしまうと、まわりとしてはどう接していけばよいのかわからず、どんな言葉をかけたら良いのか考えてしまいますよね。まず大事なのは「励まさないこと」。元々うつ病になる傾向の方の性格として、真面目な頑張り屋というのがあります。うつ病は「頑張りすぎて少し疲れたから休みなさい」というサインです。

そんな時に「頑張ってね」という言葉がけをしてしまうとせっかく回復に向かっているに悪くなってしまいます。私はうつ病の方と接する時は「励まさず、その方の話を聞く」ということを心がけています。

うつ病はゆっくり時間をかけて休まないと回復しない病気だそうです。どんなに元気な保育士だって、風邪を引く時があると思います。うつ病は「心の風邪」と言われ適切な対応をすれば必ず回復に向かうそうです。あなたの保育園の同僚がうつ病になった時は特別扱いせず、ゆっくり話を聞き、励まさないことを意識してくださいね。

ライタープロフィール

白川 佳代さん


保育士歴10年以上。自身の子育て経験を生かし、新卒保育士や子育てに悩む保護者の相談業務にも多く携わる。現在は認可保育園の園長。また、当サイトにコラムを多数執筆中。



保育の最新情報をLINEでお届け

各エリアの求人情報や、保育に関する様々な情報をお届けします!
お友だち限定のキャンペーンも実施予定♪
さっそく「お友だち追加ボタン」をタップ!

★関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)


★関西(大阪・京都・兵庫)

  • うつ病の同僚保育士、どう接する?〜実経験をふまえて〜をはてなブックマークに追加

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

おすすめ特集
住宅支援制度って?

住宅支援制度(社宅制度・住宅手当)の活用法やメリットなどをご紹介します。

保育園の園長のなり方って?

保育士のキャリアアップを目指す方に、園長職についてご紹介いたします。