水分補給が大切!熱中症対策の注意点・対処方法を紹介します。

毎年夏になると、熱中症リスクが高まります。特に幼児は熱中症になりやすいので、保育園では注意が必要です。更に、新型コロナウィルス感染予防でマスクをつけると、リスクはもっと高まります。子どもたちを熱中症から守るための基礎知識、注意点を紹介します。

メイン画像

子どもは熱中症になりやすい!?

暑くなってくると、保育園でも熱中症対策をしていくかと思います。そもそも熱中症とは何でしょうか。実際に体験した方でないと、熱中症がどんな症状かイメージしづらいかもしれません。
熱中症とは、体温が上がり、体内の水分・塩分のバランスが崩れて体温調節機能が働かくなるなどして、めまい、頭痛など様々な体の異常が起こることです。

では、熱中症はどのようにして起こるのでしょうか。
外気温が高くなることで、身体にたまった熱を逃がすことができなくなり、体内に体温がどんどんたまってしまうことによって起こります。
注意したいのが、子どもは大人に比べて熱中症になりやすいことです。熱中症になりやすい理由は、以下があげられます。

子どもは体温調節機能が未発達で、暑さに弱い!

特に小さい子は体温調節がしづらいため、身体に熱がこもりやすくなります。

身長が低いため照り返しの影響を受けやすい!

子どもは地面に近いので、照り返しの影響を強く受けます。大人の顔の高さで32度の時、子どもの顔の高さでは35度くらいあるそうです。

自分で暑さ予防ができない!

子どもは自分で水分を補給したり、服を脱ぐなどの暑さ対策がしにくいです。また、言葉を話せない幼い子は、暑いと伝えることもできません。マスクを着用している場合は、更に熱中症にかかりやすくなります。マスクを着けていると口の周りの温度は5〜10度高くなり、熱中症リスクが高まります。
また、口の中が乾燥しにくいので水分補給したくなくなり、脱水を進めてしまうのです。

新型コロナウィルス感染予防で子どもたちがマスクを着けている園では、熱中症対策も含めて、園全体で方針を考えていく必要があります。

熱中症予防のポイント

子どもの熱中症予防のためには、以下のポイントに留意しましょう。

@水をこまめに飲ませる!

水分補給は、熱中症予防の基本です。こまめな水分補給は必ず行いましょう。
注意したいのが、本人が「喉が渇いた」と感じた時には、もうすでにかなり水分が失われているということです。そのため、のどが渇く前に、保育士は少しずつ子どもに水分と塩分を補給することが重要になってきます。
子どもが「のど乾いていない」と言うから飲ませなかった、というのはNGです。水分は、水や麦茶が適しています。緑茶は利尿作用があるので、水分を体外に逃がしてしまう可能性があり、あまりおすすめではありません。

A涼しい服装にする!

子どもたちには、通気性の良い涼しい服を着せるようにしましょう。保護者には、夏が近づいてきたらお着替えも含めて、麻や綿素材などの涼しい服装にしてもらうようにお願いします。また、暑さに応じて脱ぎ着できるように、子どもたちには日頃から話していきましょう。暑くなったら脱ぐ、着替えるなど、自分から調節できるように仕向けていきます。
乳幼児の場合は、保育士が様子を見ながら着替えをしてあげましょう。

B子どもの異変に気を付ける!

高温の屋外にいる場合は、いつもより子どもたちの様子に気を配ってください。特に「気分が悪い、顔が赤い、ひどく汗をかいている」などが見られた場合は、涼しい場所に連れていき休息を取らせましょう。
乳幼児の場合、まず顔色を見ましょう。おむつに出ているおしっこの色を確かめ、濃くなっていないかチェックします。濃くなっているようだったら水分不足です。また「唇が乾いていないか、汗がしっかり出ているか」も確かめましょう。

照り返しに注意しながら、こまめに休憩する!

炎天下での屋外遊びは、無理のない範囲で行うのが基本です。幼児は照り返しの影響を大人よりも大きく受けます。屋外で遊ぶ場合は、こまめに日陰や屋内で休憩しながら遊ぶようにしましょう。

『子どもが熱中症になった』と感じた時は?

まずは水分補給とからだを冷やす!

熱中症になると「気分が悪くなったり、頭痛、腹痛、めまいなど」いつもと違う症状が出てきます。自分で「のどが渇いた」と水分補給できるようであれば、すぐに水分を摂って涼しいところに寝かせて、ゆっくり休息させましょう。
他に、熱中症の応急処置は、以下になります。

・太い血管のあるわきの下や首などを氷で冷やす。
・冷たい濡れタオルで身体を拭く。
・うちわ、扇風機風などで風を送る。

意識がしっかりしない場合の対処法

問いかけに答えられないほど意識がしっかりしない場合には、すぐに受診が必要です。救急車を呼ぶ目安は以下のように考えましょう。

・意識障害がある。
・全身が痙攣する。
・体温が40度以上ある。
・汗が出なくなる。

まとめ

梅雨明けした夏は、思い切り外で遊ばせたい気持ちもあると思います。ただし、熱中症対策の基本は、無理をしないことです。水分補給を忘れずに、子どもたちの様子に気を配りながら、熱中症にならないように屋外での遊びを楽しみましょう。
新型コロナウィルス対策でマスクを着用する場合は、熱中症対策を更に徹底してください。

ライタープロフィール

玉田 洋さん
保育園運営企業で、子育て雑誌編集長を経験し、その後、都内で保育士として勤務する。現在は「森の保育園」を計画中。

保育士.net SNS

おすすめの保育士求人情報・保育に関する最新情報をお届けします!チェックしてね♪

\このページをシェアする/

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポートします!

すぐに選考に進むわけではありません。
お気軽にお問い合わせください。

通勤便利/ 駅近 残業少なめ 復帰率高 社宅・住宅手当 園長/主任 オープニング 非公開求人 厳選求人 好条件 ブランク有

お祝い金 最大1万円

保育のお仕事探しをサポートします!

通勤便利/ 駅近 残業少なめ 復帰率高 社宅・住宅手当 園長/主任 オープニング 非公開求人 厳選求人 好条件 ブランク有

すぐに選考に進むわけではありません。
お気軽にお問い合わせください。

お祝い金 最大1万円

保育士コラム注目ワード