保育業界の最新情報を現場からお届け!

保育士.netコラム

『保育士を辞めたい。』『保育から離れたい。』・・・でも少し待って

  • 『保育士を辞めたい。』『保育から離れたい。』・・・でも少し待ってをはてなブックマークに追加

2018/02/07 保育士のホンネ

昨今のニュースでは待機児童問題やその原因ともなっている保育士不足が取り上げられる機会が多くなりました。それだけ社会問題になっているということですね。

保育士の仕事は3Kと言われ「きつい」「勤務時間が長いし不規則」「給料が安い」とマイナスイメージが付いて回っています。
その過酷な労働環境がゆえ、離職率が高い職業であることも事実です。
気持ちが後ろ向きになった時、保育士を辞めたい、保育から離れたい、と思う時は誰にだってあるはずです。

そんな辞めたいと思う前に少し考えてみる時間を取ってみませんか?
今は認可園で園長をさせて頂いている私ですが、私も保育の世界から離れたいと思ったことがありました。
その時の経験や感じたことをお伝えしたいと思います。

メイン画像

専門職としてもプライドを持つ

毎日の保育業務以外に日週案記入に行政への提出書類作成。午睡中は連絡帳の記入があり、休憩もままならない保育現場。
大雨でも雪が降っても関係なく早番遅番が回ってきますし、行事前には遅くまで残って準備をすることもあります。
そんな余裕の無さから疲弊してしまい保育士を辞めたいという気持ちが湧いても不思議ではありません。では自分の気持が疲れたと感じた時はどうすればよいのでしょうか。

私の経験ですが、保育士になってすぐのころ、やはり保育士を辞めたいと思ったことがありました。
そんな時、先輩保育士から言われた言葉に励まされ気持ちを立て直すことができました。
その時言われたことは、「保育士はボランティアではなく、気持ちの前向きさで奉仕の精神だけで成り立つものでもない。きちんとした国家資格で専門職だとプライドを持って」と。
昔、保育士は園児と遊んでいるだけとか、子どもがお昼寝している時は横で一緒に昼寝をしていると思われていたそうです。

しかし今はほとんどの方が保育士を取り巻く現状を理解してくださり励ましの言葉や感謝の気持ちを頂く機会も増えました。
心が折れそうになった時はまず自分は「国家資格を持った保育の専門家」だというプライドを持ってみてください。自然と自信がわいてきます。

環境を変えることは逃げることではない

日本には石の上にも三年という言葉があり、特に仕事については一つの職場を3年続けないと持続力が無いとか、根性がないと言われる傾向があります。
しかしそれはこの保育業界ではあまり関係のないことだと言っても過言ではありません。

何故かと言うとブラック保育園が実際に存在するからです。求人広告には残業が無いと書いてあっても実際は常識を遥かに超えたキャパシティオーバーの仕事を抱えざるをえなかったり、持ち帰り仕事やサービス残業の強要。
信じがたいようなパワハラや上司の理不尽な業務命令も実際にあるからです。
求人広告に定期昇給があると書かれていても何年も昇給が無く、賞与も少なかったということも多々あります。
実際に就職し、そこで仕事をしてみないと分からないことがたくさんあります。

無理をして自分に合わない労働環境の中で3年保育士として働くよりも違う環境で仕事をした方が現実的だからです。
ブラック法人が運営する保育園に3年も勤めた保育士と後から入ってきた新卒保育士が同じ給与だということも珍しくありません。それでは仕事に対するモチベーションも上がらず日々の激務で心身ともに疲弊してしまいます。

転職紹介サイトを使ってみる

疲弊した状態で退職や転職を考えても思考力がフル稼働することは難しいと思います。

違う保育園で働いてみたいと悩んだ時、プロの転職エージェントに相談するというのも一つの方法ではないでしょうか。

紹介先の保育園で実際に働いている保育士さんと話す場を設けてくださることもありますし、保育園の実情や給与の面など、自分では運営法人になかなか聞きづらい内容でも交渉してくれる場合もあるからです。
せっかく持っている保育士という国家資格。辞めたいと思った時、なぜそう思ったのか冷静に考えてみてください。

それでも答えが出なかった時は思いきって働く環境を変えて再度自分の可能性にチャレンジするのも選択肢の一つです。
一度しかない人生、後悔のないよう、楽しく働ける保育園や運営法人に出会えることを願っています。

>>転職エージェントに相談してみる〜【保育士転職サイト】保育士.net〜

ライタープロフィール

白川佳代さん
保育士歴10年以上。自身の子育て経験を生かし、新卒保育士や子育てに悩む保護者の相談業務にも多く携わる。現在は認可保育園の園長。



保育の最新情報をLINEでお届け

各エリアの求人情報や、保育に関する様々な情報をお届けします!
お友だち限定のキャンペーンも実施予定♪
さっそく「お友だち追加ボタン」をタップ!

★関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)


★関西(大阪・京都・兵庫)

  • 『保育士を辞めたい。』『保育から離れたい。』・・・でも少し待ってをはてなブックマークに追加

保育士.netコラムについて保育士.netコラムでは、保育士.netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

保育のお仕事探しをサポート

無料 求人を紹介してもらう

おすすめ特集
住宅支援制度って?

住宅支援制度(社宅制度・住宅手当)の活用法やメリットなどをご紹介します。

保育園の園長のなり方って?

保育士のキャリアアップを目指す方に、園長職についてご紹介いたします。